笑顔の女性

講師に依頼するポイント|的確に見極める方法

人的資源管理における講習

女性講師

人的資源向上への試み

企業などの組織に属する人材に対して適切な教育訓練を行うことは、組織運営上必要なことです。一般的には、組織の一員として求められる能力には、課題設定能力、職務遂行能力、対人能力、問題解決能力の四つの能力が必要です。このような能力を向上させるためには、教育訓練活動を計画的に実施し、管理することが不可欠です。また、教育訓練体系には、階層別、職能別、課題別に区分して行う必要もあります。そして、教育訓練の手法には、知識教育、技能教育、態度教育などがあります。その中で、知識教育では、有能な講師に依頼した講習に参加することで、個々のレベルアップを図ることができます。ただ、目的に合致した内容の講習会は稀なので、企業で講師に依頼して社内講習会を企画することが有効な方策となります。このような社内講習会において、自己啓発を受けたりすることで、組織運営に必要な能力を養成することができ、人的資源の向上につながります。

充実した講習会に向けて

充実した講習会を企画するには、企業に必要な内容に長けた講師に依頼する必要があります。講師にカリスマ的な要素がありますと、スムーズに講師の考えが伝わることもあります。また、専門的な要素だけでなく、幅広い分野においてトーク形式で講習することも、リラックスした感じとなって受け入れられることになります。講師に依頼する際には、企業としての考えを伝えたうえで、どのような人的資源に育成するかといった企業の方針を講師に理解してもらうことも必要です。こういったお互いの理解を踏まえたうえで、企業内での社内講習を開催することで、有効な人的資源育成につながります。そして、依頼を受けた講師は、社内イベントを通じて、どのような企業人であるべきかという点だけでなく、家庭人としてのあり方といった多岐に及んだ講習を行うことで、人格形成が可能となります。このように講師に依頼しての社内講習会では、様々な利点がありますので、今後も増加することが予想されます。